お知らせ

 

◉株式会社瀬戸内人の新規出版者記号の取得と出版者合併のお知らせ

 

サウダージ・ブックスの読者のみなさま、お取引先のみなさま、出版活動にご支援・ご協力頂いたみなさまへの大切なお知らせです。

 

サウダージ・ブックスは、これから香川県の出版者・株式会社瀬戸内人の社内レーベルとして活動します。 お手数をおかけしますが、下記をお読み頂ければ幸いです。

 

「サウダージ・ブックスは「ひとり出版者」を卒業します!」

 

 

 

新刊のご案内

 

ブラジルの光、家族の風景 大原治雄写真集

版元ドットコム

 

品切れ・重版未定

全国書店に店頭在庫があります。本書をお探しの方は小社までご連絡下さい。

問い合わせ

  

 

著者 大原治雄

B5判 176頁 並製 モノクロ

定価 2,900円+税

ISBN 978-4-907473-07-5

発行年月 2016年4月

編集 影山千夏、セルジオ・ブルジ

装丁 川邉雄

 

◉紹介

 

知られざる、ブラジル移民のアマチュア写真家・大原治雄(1909-1999年)。その写真に記憶されているのは、愛おしく宝物のような日々。カメラを手にしてはじめて撮影した、妻の面影—。

2016年、高知県立美術館・伊丹市立美術館・清里フォトアートミュージアムで「大原治雄写真展—ブラジルの光、家族の風景」開催。ブラジル屈指の写真史料アーカイヴズであるモレイラ・サーレス財団に作品が収蔵されている唯一の日本人作家、"Haruo Ohara"。その貴重なモノクロ写真180点を収録した、日本ではじめての写真集。

 

「大原にとって写真は、人々から彼に向けて預けられた人生に、責任を持って尊厳と美を与える行為にほかならなかった」

―今福龍太(批評家・人類学者)「解説『 瞬間の歴史』を証す人」

 

 

 

 

曙光 The Light of Iya Valley

版元ドットコム

 

品切れ・重版未定 

全国書店に店頭在庫があります。本書をお探しの方は小社までご連絡下さい。

問い合わせ

 

著者 宮脇慎太郎

B5判 80頁 並製 全カラー

定価 1,900円+税

ISBN 978-4-907473-06-8

発行年月 2015年9月

装丁 森香奈子

 

◉紹介

 

「明日を生きる者よ、このすべてを受け継ぎなさい。霧の風景はそう私たちに告げる。私たちは、光を求めてゆく霧の子供なのである」—批評家・人類学者 今福龍太氏絶賛!

 

 四国最深部の天空の集落、徳島県祖谷(いや)。平家落人伝説で知られる山里の光と影、聖と俗、野生と人為、そのはざまを流れるもの—気鋭の写真家・宮脇慎太郎が祖谷の〈時〉を記録した、渾身の第1写真集。

撮影・編集・デザイン・印刷製本をオール四国で行った、ローカル出版の作品です。

 

 ◉書評&パブリシティ情報

 

「フォトテクニックデジタル」2015年10月号で新刊紹介

2015年10月19日配信 共同通信社「各地の本」で紹介(宮崎日日新聞、長崎新聞、東奥日報・他)

 

幼年画

版元ドットコム

 

絶版

問い合わせ

 

 

著者 原民喜


四六判 168ページ 並製


定価 1,600円+税


ISBN 978-4-907473-05-1 C0093



発行年月 2015年08月

装画 nakaban

装丁 納谷衣美 

 

◉紹介

 

「「少年だよ」雄二はそう返事すると、古川君の肩へ手をかけ、二人は肩に手を組みあわせて歩いた。雨で洗われた礫の路が白く光ってつづいている。遠い世界のはてまで潤歩して行くような気持がした。」(本書より)

 



「幼少期のこういった記憶を持つ人は少なくないと思う。しかし、原民喜はそれらの情景や会話、心理の細部まで詳細に記憶し、まるでいま目の前で起こっているかのように文章にしてみせるのだ。それも徹底して子供のままの視点で。……そこには、小さく静かな声で語ることでしか伝わらないような、透明な世界が広がっているように感じる。」(田中美穂「解説」より)



 

遠藤周作や大江健三郎が絶賛した小説「夏の花」の作家が、原爆投下以前の広島の幼年時代を追憶する美しく切ない短編小説集―。

広島・被爆70年という歴史の節目に、同地出身の詩人・小説家、原民喜(1905~1951)の文学を紹介。「三田文学」等で活躍し、原爆投下直後の広島の惨状を描いた名作「夏の花」で知られる作家・原民喜。戦後、自ら命を絶つ前に作家自身によって編まれた短編小説の連作「幼年画」をはじめて単行本化。


古書・蟲文庫の店主でエッセイストの田中美穂の解説を付し、原民喜の知られざる初期作品に新しい光をあてる。

 

◉書評&パブリシティ情報

 

2015年8月18日 サンデー毎日で南陀楼綾繁さんの紹介記事掲載

2015年9月2日 日刊ゲンダイで平川克美さんの書評掲載

2015年9月6日 中国新聞で紹介記事掲載  

2015年10月・秋季号 「三田文学」で吉村萬壱さんの書評掲載

2015年10月2日 西日本新聞で姜信子さんの書評掲載

2015年12月号 「母の友」で書評掲載

2016年1月号 「ダ・ヴィンチ」で島田潤一郎さんが「今年の3冊」で紹介

2015年12月27日 読売新聞で若松英輔さんが「今年の3冊」で紹介